日経225インデックス

日経225先物について

日経225先物について
日経225先物について

弊社では、これまでの運用にて十分な利潤を確保できたことを受け、そのトレードロジックの汎用性を確認する意味で、人数限定にて当セミナープログラムを提供するものです。セミナーでは、弊社独自のトレードノウハウ、トレード環境、チャート設定、インジケータの導入など、弊社のトレードを再現するための全ての環境を提供しております。現在の運用業務に支障のない範囲でレクチャーしておりますため、月間7名様までと制限させて頂いておりますことをご了承下さい。
なお、これまで裁量部分が多く経験値が必要であった部分を細部まで条件化し、再現性の高い領域までノウハウをロジックに埋め込み、インジケータ表示にてベストサポートできるまでになりました。これにより、弊社トレーダーにより近いトレードフィールを実現しています。
また、弊社の使用しているインジケータには、全てに自己復帰機能を搭載しています。自己復帰機能とは、過去の損益状況との相関の高いパラメータを随時監視し、自己復帰を更に高精度化するため過去データの層別(モジュール化)を行い、モジュール単位での1ティック毎の再計算を行うことで、高いサイン精度を実現するものです。また、お仲間には、フォローとして1年間のメールサポート、および弊社の保有する高精度インジケータ群をご活用頂けます。

日経225運用で大切なこと

日経225先物では、特にラージ先物では1ティックあたりの変動幅が株式やFXと比較しアグレッシブです。ポジショニングの方向が正しければ高レバレッジも相まって資金は加速度的に増加する一方、損失についても同様に作用します。日経225での運用を安定させるには、高精度サインを生成する強固なトレードロジックに加え、損益のブレに動じないメンタルコントロールが大切です。
また、先物取引では安易に成り行きを入れると往復で滑りが発生し、一方で遅い指値では約定せずに値が吊り上がって行くなど、ポジショニングも非常に重要。これらを踏まえ、理論だけでなく実効利益としての的確な運用ノウハウがポイントとなります。
この現状を踏まえ、弊社では素人的な内容、精神論的および抽象的な内容の一切を省き、実運用面で必要となる核心部分を定量的かつ具体的にリアルタイムチャート上でコンサルティングしています。 これにより、日経225先物の経験の深い方に大きな支持を得ているだけでなく、先物初心者様にとっても非常に理解のしやすい内容にて、幅広いユーザー層にご満足頂いております。

日経225先物の独自インジケータについて

弊社のトレードの「核」となりますトレードルールにつきまして、そのロジックを細部まで忠実にインジケータにプログラムしております。チャートにインジケータを設定するだけで、裁量の余地を極限まで排除し、再現性の高いトレーサビリティーを実現しています。基本的はインジケータ通りのトレードにて対応可能ですが、若干の弊社裁量ノウハウを加えることで運用パフォーマンスはさらなる上を確保可能です。
なお、インジケータではその内部パラメータをユーザー様側で任意にカスタマイズ頂くことも可能です。デイトレード、ナイトトレードの双方で高いスペックを再現する当インジケータにて、ご自身の225先物トレードを強力にバックアップします。

以上より、「日経225先物」はご自身のトレードフィールを飛躍的に向上・改善させるパワーツールとなることでしょう。

LEAVE A REPLY

*
* (公開されません)
*

Return Top